FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

和だけどモダンなボール

小野寺友子さんの個展から、
粉引の鉄釉の二色の大きなボールを、
ご紹介してみます。

13_onodera_2363.jpg

どちらの素地が陶器ではなくせっ器質よりで、
しっかり焼かれているので、
気軽に使っていただいても、
貫入が入る程度で、
大きな変化になりにくい仕事です。

13_onodera_2362.jpg
左:粉引ボール大 6,090円 径24cmH8cm
右:黒釉ボール大 6,090円 径23cmH8.7cm


この使い勝手も和の器でありながら、
洋食器の良さを兼ね備えています。
また、なにより幅広く料理を引き立て
より美味しそうに盛りつけられるのが、
このボールの魅力です。

13_onodera_2364.jpg

小野寺さんの粉引は、
白というより柔らかなベージュで、
化粧土が少しざらっとした質感をもち、
そこが伝統的な粉引ながらも、
大鉢というよりボール大がぴったりきます。

13_onodera_2365.jpg

同様に鉄釉も、
均一でない釉がけに侘びを感じますが、
小野寺さんらしいフォルムと相まって、
モダンなテーストをもった器に、
仕上がっています。

13_onodera_2366.jpg

だからこそ毎日の食卓にぴったりなボールです。
タケノコ土佐煮や筑前煮も盛り映えして、
シーザースサラダやコブサラダも、
温野菜にバーニャカウダソースかけも、
似合うというそんな和だけどモダンなボールです。

          甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2648-bca9c741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)