FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ワキも主役もこなす小皿

アジサイが随分色づいてきました。
梅雨が近づいてきている感じがしています。
不快指数が上がったときには、
涼やかな器を使いたくなります。
そこで今日は小野寺さんの個展から、
白磁小皿をご紹介します。

13_onodera_2383.jpg
白磁小皿 1,575円 径13.5cmH2.5cm

シンプルな四寸五分皿(径13.5cm)は、
見込み部分に二寸ほどの、
底面が平らなくぼみがあります。
ここが料理やデザートの指定席です。

13_onodera_2385.jpg

ここにちょっと中高に盛りつければ、
この皿が料理を引き立てる額縁になり、
料理の最後の仕上げになります。

13_onodera_2386.jpg
白磁湯呑み 2,100円 径8.5cmH6.5cm
白磁カップ 3,150円 径8.5~7.5cmH7.5~7cm


このへこみは、料理だけではなく、
器も引き立てます。
一つずつの形で選ぶ小野寺さんのカップや、
オールマイティにソバチョコ形湯呑みを置けば、
カップや湯呑みの気品が引き立ち、
飲み物やデザートのイメージが広がってきます。

13_onodera_2384.jpg

シンプルなフォルムと、
温かみのある白磁のこの小さな皿は、
食卓で脇役から主役まで、
しっかりこなす優れものの小皿です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2653-76741353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)