FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

たっぷり目のマグ

樹ノ音工房展から今日は、
佐藤大寿さんのしのぎのマグを、
6種選んでご紹介します。

ビーンズカップという、
肩口から腰、高台へかけての、
緩やかに絞れれていく曲線が、
機能的な美しさを見せています。

13_kinooto_2683.jpg
左:飴釉しのぎビーンズカップ 2,310円 径8.5cmH10.5cm
右:飴釉太しのぎビーンズカップ 2,310円 径8.5cmH10.5cm


同じ飴釉が細めと太めのしのぎで、
表情を変えてみせています。
飲み物の色を、
楽しめる配慮から、
見込みは白釉が施されています。

13_kinooto_2685.jpg
左:白釉太しのぎたっぷりマグ 2,100円 径11cmH6cm
右:白釉しのぎたっぷりマグ 2,100円 径11cmH6cm


マットな白釉が施された、
しのぎたっぷりマグも、
しのぎの太さで随分と、
印象が違ってみえます。

13_kinooto_2684.jpg
左:黒釉太しのぎたっぷりマグ 2,100円 径10.5cmH6cm
右:飴釉太しのぎたっぷりマグ 2,100円 径11cmH6cm


同じくしのぎたっぷりマグの、
黒釉と飴釉ですが、
これもまた違う印象になり、
それぞれが質感まで違って見えます。

ビーンズマグもたっぷりマグのどちらも、
程よく八分目までいれて、200ccほど、
口切り一杯だとで300cc入ります。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2671-38ca85d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)