FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

白い花の鉢

樹ノ音工房展から今日は、
サトウアカネさんの黒加彩鉢をご紹介します。

13_kinooto_2688.jpg
黒加彩大鉢 5,250円
径23.5cmH6.2cm


可愛い絵柄の器と同じ手法ですが、
素地の黒を白の化粧土の、
モノトーンで仕上げた、シックな鉢です。

13_kinooto_2689.jpg

山法師かハナミズキか、
白い伸びやかな花弁と蕊だけを、
黒く焼き上がる素地の上に、
化粧の土で描いています。

13_kinooto_2686.jpg

地の色も、花の色も、
土の持つ素材の色合いのため、
大胆な構図の花柄ですが、
落ち着いた表情を見せ、
料理を盛付けたときに、
一番活き活きする器になっています。

13_kinooto_2687.jpg

樹ノ音工房さんの器の基本素地が、
磁器土を配合することで、
良く焼き締まり、丈夫で汚れにくい、
日常の器としての使いやすさを、
大切にしています。

この器は、施釉が薄めのところは、
焼き締めのような質感になっていますが、
染みこみにくい素地ですので、
電子レンジやオーブン料理なども、
後始末も楽です。
花のある華やかな器でも、
気兼ねなく使っていただけます。

        甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2672-c512abe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)