FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

渓流グラス

涼しげな荒川尚也さんのガラス器は、
澄んだ素地が大きな力となっています。
その素地は水をイメージして出来たようです。

13_arakawa_3165.jpg

ご紹介する渓流グラスシリーズは、
澄んだ水の流れを切り取ったような、
表情を見せるグラスです。

13_arakawa_3168.jpg
渓流グラスA 4,620円 径8cmH8.5cm

落差のある速い流れにはアワが渦巻き、
水しぶきが上がりキラキラ光る、
そんな渓流がグラスの中にあります。

13_arakawa_3167.jpg
渓流グラス小 4,410円 径7.5cmH7.7cm

3つのタイプの渓流グラスがあります。
底面の径が大きい順に、
渓流グラスA、渓流グラスB、渓流グラス小となります。

13_arakawa_3166.jpg
渓流グラスB 4,620円 径8.5cmH8.7cm

AとBは高さもあまり変わりません、
違いは、円柱に近いフォルムでドンとしたのがAで、
テーパーのある上に行くほど広がるのがBです。
小はBのフォルムで小さくした感じです。

同じ表情のグラスでも、
このバリエーションの中から、
自分の手にあったグラスを選らんでいただけます。
それに、同じタイプでも、
手仕事なので、さらに顔つきが違うため、
自分好みの感触を持つグラスに、
きっと出会える楽しみがあります。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2699-d5b8aec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)