FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

個性的なガラス鉢

今日も朝から暑い荻窪です。
逸品展からご紹介する器も、
少しでも涼しげな方が・・・と、
今日もガラスになってしまいました。

13_ippin_0246.jpg

昨日の荒川さんの澄んだ素地を活かしたガラスとは、
またひと味違うガラスの魅力を見せてくれる、
3つの鉢です。

13_ippin_0247.jpg
西川孝次 青浅鉢 17,850
径22cm7.5cm


西川孝次さんの全体にアワを巻き込んで、
重なる色の織りなす複雑な彩りを持つ、
エキゾチックな気配もある鉢です。
日常で使いやすい形は、
盛りつけやすく、使い勝手が良い鉢です。

13_ippin_0248.jpg
巳亦敬一 ボール(石玉線)アワ入 大 18,900円
径19.5cmH7cm


巳亦敬一さんの鉢は、
不透明な色ガラスと巧みな技で、
楽しいガラス器を見せてくれます。
中心に向かって緩やかにねじれる、
ベージュと点線状のアワが、
動きのある文様を見せています。

13_ippin_0251.jpg
巳亦敬一 台付皿(モスG)石玉線 28,350円
径22cmH6cm


もう一つの巳亦さんの鉢も、
ねじれる動きを見せていますが、
こちらは落ち着いた緑と白が重なり、
大理石や瑪瑙のような、
重厚な彩りをみせています。

秋風を感じ初めても、
まだまだ暑いこの時期にも、
活躍する3つのガラス鉢です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2735-45115e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)