FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注ぎたくなる片口

開催中の田崎宏さんの個展から、
コロンとした形と、キュンとした口が、
可愛い形の片口をご紹介します。

13_tazaki_0298.jpg
酒注(鶏)3,675円 径9cmH9cm
ぐい呑み 4,200円
手前左:径7cmH4.9cm
手前右:径5.7cmH5cm


形の魅力と肌合いから、
酒を注ぎたくなる片口です。
オープニングパーティで、
日本酒を楽しむ田崎さんの姿を拝見して、
納得がいきました。

13_tazaki_0297.jpg
奥左:酒注 小 3,675円 径10cmH8.2cm
奥右:酒注  4,725円 径1 1.6cmH9cm
ぐい呑み 4,200円
手前左:径6.3cmH4.5cm
手前中:径6.5cmH3.6cm
手前右:径5.7cmH4.4cm


日本酒を酌み交わし、
友と、親しく心を通わせていく、
そんな宴で使いたくなる片口です。

するすると静かに注ぎ、
盃を満たしていく時が、
心も酌み交わせることでしょう。

道具でありながらも、
暮らしのなかで豊かさをくれるのが、
手仕事の器だからこその、
オマケだと甘庵は思っています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2745-72ef0789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)