FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春嬉し花粉恐し

去年は杉花粉量の近年になく多かったために、
花粉症になってしまった方が多かったようですね。
今年は杉花粉の飛来が少ないという予想ですが、
それでも、飛ばない訳ではないので、
もう既に敏感な方は、晴れて暖かいと嬉し反面、
なんだか鼻がむずむず・・・目や耳の中がかゆい・・・。
と、悲鳴を上げ始めていますね。

ぼくもご多分に漏れず・・・・、
そう、いまや、花粉症は当たり前のようになっていますよね。
でも、ぼくが自分が花粉症と意識したのは、
大学卒業の頃か、出てすぐの頃だったと思います。
当時は、やっと花粉症が認知されたというか、
一般的に言葉として通じはじめて、
そのときにはじめて、「杉花粉でかゆいんだー」と自覚したので、
実はその数年前からむずむずはしていたような・・・。
いずれにしても、三十数年前のことで、
年期は入っていますね。

それでも、ぼくは、そう重傷にはならず、
おおかたは、テッシュの消費量が増える程度で済んでいました。
それでも、一番辛かったときは、
図面描きで、徹夜が続いた頃ですね。
やはり、疲れや睡眠不足はいけないのかなー。

夜中に興が乗って来て夢中になったときに、
トレーシングペーパーに鼻水落としてはいけないので、
ティッシュを丸め出鼻に詰めたりして・・・・。
それも、完全に入れちゃうと、取り出しにくいので、
コヨリにして詰めて、残りは鼻からしっかり出ている。
誰も見てないからいいのですがね・・・。
いやーひどい有様で、人が見たら大受けか、
異形に引いてしまうかでしょう。
トイレにいって手を洗うとき、
鏡に写る自分を見てギョッとしたもの。

そんな辛い数年があったのですが・・・・。
何故かこの10年ぐらい、徐々に軽くなっているみたいです。
とくにここ数年は、そうひどく辛いって言うことが無くなってきています。
去年の花粉の豊作?っていわないか。
大量飛散といわれていても、
少しはむずむずするなーぐらいで、
過ごしてしまいました。

一時は鼻水をかみすぎて、
鼻が真っ赤になったり、炎症であれてしまったりしていたのが、
まるで嘘のようです。
一応は客商売なので、そうそう、見苦しい姿では困るので、
本当に助かっています。

でも、どうなのでしょう?
そういうことってあるのでしょうか?
あまり周りにいないのですけど、
それに、30年40年という、キャリアの人も、
周りに少ないからわからないのかな。
まだ現役ばりばりの花粉症の方ばかりだからなー。
そんな皆さんは、これからの季節自己防衛などで、
がんばりましょうね。

                   甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/275-5ee510bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)