FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ガラスのおひな様

こんな時間になってしまった。
いつも午前中に書くようにしているブログですが、
今日は「季節をめでる人形展」という企画展の初日で、
細かい人形がいっぱいで飾り付けの手間取ったり、
そうそうの問い合わせに、画像付きで返事をお送りしたり、
毎回企画展の催しの物会場をご覧いただけるHPの画像加工など、
今回は今現在で、46カット載っています。
明日入荷の分と、あさって入荷の分が追加で載る予定です。
まぁーそれでいつもの用に50枚ちょっとになるでしょか。
老眼でしょぼしょぼやっているので、
時間かかってしまって。
やっと画像だけは加工してアップしたところです。
寸法と価格は、明日にさせてもらおう。
(このページをご覧になりたい方は、荻窪銀花ginka@netlaputa.ne.jpまで)

で、その中から少しご紹介。
今日は、二人の作り手によるガラスのおひなさまをご紹介します。
はじめに、炉の中で型に仕込んだガラスを溶かして作りだす、
神田正之さんのおひな様です。

hina268.jpg


店内の照明でも、光を受けて集めて、
中から光りがわき出ているように見えます。
窓辺においたら、春光を受けてさぞや綺麗でしょうね。

hina269.jpg


こちらは、普段吹きガラスの器を作っている渡辺俊介さんの、
ホットワークのおひな様です。
色ガラスの吹き玉にガラスをたっぷり巻き取って、形作ってあります。
レンズの用に向こう側の色と光を屈折させて、
おもしろい景色を生み出します。

それそれに魅力的で、どちらも光を楽しむおひなさまです。
同じガラスでも作り方と作り手が違うことで、
全く違う表情を見せてくれています。

                 甘庵

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/277-313d4b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)