FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

三寸五分角の物語

中條正康さんの絵付けに、
「絵本のようですね」や、
「童話の世界みたいですね」と、
楽しげに仰る方が多く、
甘庵も同じイメージを持っていました。

13_cyujo_0224.jpg

今日ご紹介する角皿も、
中條さんらしさを感じる、
隅丸の柔らかな形とほっくりした土味の、
三寸五分角(10.5cmm角)の中に、
いつもの絵柄が描かれています。

13_cyujo_0223.jpg
絵替角皿 3,150円 □10.5cmH2cm

小さな器そのものが、
額に縁取られた風景で、
手にする人それぞれの物語を、
思い描くことが出来ます。

13_cyujo_0225.jpg

経験や育った環境によって、
見方もイメージも違い、
想い出を思い起こしたり、
お話しが思い浮かんだりと、
小さな皿には物語を語る力があります。

         甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2800-5731ab0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)