FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

クリスマスなイメージの器 2

西川孝次さんのガラス器は、
色遣いははっきりした色合いながら、
落ち着きと気品が備わっています。

13_nishikawa_0199.jpg

ご紹介するクリスマスのイメージが、
膨らんでくる花器にも、
華があるのに浮かない重厚な色合いです。

13_nishikawa_0201.jpg
セレン耳付面取花入 13,650円 径7.7cmH17.3cm

赤茶はセレンで、青はコバルトで、
それぞれに発色されていると思うのですが、
西川さんならではの型使いの面取りの効果もあり、
色合いに陰影や輝きや深みを持たせています。

13_nishikawa_0202.jpg
あさぎ耳付面取花入 10,500円 径7.5cmH15.3cm

甘庵の幼いころツリーに飾られた、
ガラス玉を連想します。
それらは今思えば、職人さんが一つずつ、
吹いて作った宙吹きガラスだったのでしょう。

13_nishikawa_0200.jpg

その記憶にも重なることが、
西川さんのガラス器に、
クリスマスなイメージを持つのかもしれません。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2814-5f776328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)