FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

憎めない異形異相

さて、心臓の弱い方や、
グロテスクな物が苦手な方は、
今日の画像を見ないように。

今日ご紹介する人形は、
凄いですよー。
怖いですよー。
シュールですよー。
でも、憎めないんです。

その姿形は、この世の物とは思えない・・・。
でも、人の心を形態化したようにぼくには見えます。
四天王や不動明王に踏みしだかれている、
あまのじゃくや、餓鬼たちは、
人の心の醜さを表しているようですが、
でも、厳格な導きの上では、煩悩として、
あくまでも、良くない、好ましくないこととして、
分かりやすく表現しているのだと思います。

でも、そんな人間くさい、ちょっと不良な心は、
だれでも持っているもの。
そんな気持ちや、感情を生で形にしてみると、
こんな風になるのかなーって。
そんな風に眺めています。
って、どんなイメージで作り出しているかは、
作者の光藤佐さんには伺っていませんが・・・。

hina399.jpg


このトリオ。
それぞれに、自己主張が強く、
争うように唾をとばして嘆き訴えている・・・・。

hina400.jpg


こちらは、なんだか不満そう。
気むずかしそうな顔で、ぶつぶつ・・・・。

hina402.jpg


これでもおひな様。
可愛いばかりがおひな様ではないぞーって。
いえ、作者はとうぜん可愛いって思っているんですよ。

そうそう、それで思いだした。
光藤さんの奥様も、藤田さんの奥様も、
美しく可愛いと漏れ聞いています。
これ先の話の上で大切。まずお伝えしておきます。
で、ある時、藤田さんが
「おひな様を作くりました」
「そう、可愛いのでないとお嫁に行きにくいよ」
「はい、えらく可愛くできまして、光藤にも可愛いーっていわれまして・・・」
ちょっといやな予感。
うーん・・・・・・とってもユニークでした。
「銀花ではもらい手いましたか・・・・」
「なんだよ、自信あるっていっていたじゃん」
「そうだったんですが・・・京都の店に自信持ってたくさん送ったら、
全部出戻ってきました・・・」
「まぁー銀花では、なんとか嫁にいったよ」
「へぇー、そうでっかー」
「おいおい」

そのおひな様はたらこ唇で、内裏様より一回り大きく、
内裏様は心なし品祖で、ちょっと、びくついた表情。
「よめさんに、えらく嫌がられましてね・・・・『うちがこんなだとおもわれるじゃん』って」
と、納得しない様子。なるほど・・・・・。
まぁー、光藤さん藤田さんの、おひな様の可愛いの基準も、
50歩100歩のようですね。

画像を見た人は、寝る前にはトイレにいってから、
うなされないように寝てくださいね。
この画像は自動的に・・・・は消滅しません。
見たための結果に関しては、
当ブログでは一切関知いたしません。
あしからず。

                  甘庵

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/283-d904ae10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)