FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

しっとりした華やかさのおひな様

さかいゆきみ さんは、やきもので人形を作る作り手です。
その範疇は広くて、関節の動くドールの洋の人形から、
おひな様や福助などの和の人形までつくられます。
今回は、さりげない造形と、手の込んだ物をみせてくれました。

hina410.jpg



これは、長い人気のシリーズで、
一見、石のように見えますが、やきものです。
釉薬をかけずに、焼いて色つけや金彩を施してあります。
小さい方は高さ3.5cmほどの豆雛です。
大きい方はおにぎり雛という名のとおり、
6cmちょっとで、ちょうどおにぎりぐらいの大きさです。

hina332.jpg


hina333.jpg


こちらは、伝統的な安産などのお守りの犬筥(いぬはこ)です。
2匹でペアで、箱をあけると、
おまけに、一組の小さなおひな様が入っています。
鶴亀や松の絵付けなど、大変丁寧な絵付けで、
伝統的な和の美しさを感じとれます。

hina412.jpg


おひな様ではないのですが、
これも人気の福助兄弟のシリーズです。
なんだか縁起良い感じしますよね。
ぼくの年だと、自然なテーマで、
古くさく感じてしまったりするのですが、
若い方には新鮮なのでしょう。
つれて帰っていただきますね。

さかいさんの陶人形は、釉薬をかけないために、
和の人形にあう、ほどよい華やかさに彩色されていて、
しっとりとした色合いの人形になっています。
これじつは、やはり、さかいさんの分身ってことです。
しばらくご無沙汰してお目にかかっていませんが、
さかいさんご自身が、大変、物静かで、穏やかで、しっとりした方ですから、
人形たちを見ている方がさかいさんに逢うことがあれば、、
きっと、なるほど・・・って、思うことでしょう。

              甘庵

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/284-edab8ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)