FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

富貴な小皿

開催中の寿ぎの器展から、
小さくても華やかで豊かな気分にさせてくれる、
中條正康さんの金彩や金銀彩や色絵の小皿をご紹介します。

14_kotohogi_0142.jpg
中條正康 絵替金彩小皿 2,100円
径9cmH1.3cm


径が3寸(9cm)ほどの小皿ですが、
一枚あるだけでも、
そこには雅で華麗な世界観があります。

14_kotohogi_0141.jpg
中條正康 色絵金銀彩3.5寸皿 3,675円
径10cmH1.1cm


和の器ならではの色彩感は、
一色一色はそう派手ではないのですが、
取り合わせられることや構図で、
小さな皿に華やかさが広がります。

14_kotohogi_0144.jpg
中條正康 椿文小皿 黄芯 2,100円
径9cmH1.3cm


華やかな料理を盛ったメインの鉢や皿は、
シックで渋めなものにして、
華やかな小皿と取り合わせることで、
互いがより引き立てられます。

食卓にはリズムが欲しいものです。
食材だけではない、
器も同様で、形や高低、
釉調や素材感でつけたり、
華やかさと渋さもリズムになります。

富貴な表情の小皿は、
食卓にお洒落なアクセントになります。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2847-7371ead0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)