FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

愛くるしい五月人形

五月人形はおひな様に比べて、
どうしても出番が少ないらしい。
人形は女の子の方が距離が近いのかな。

ぼくも・・・・・50年以上前になるけど、
5月人形として、鍾馗さまを買ってもらったのかな・・・、
確かにあったと思う。
というか、記憶が確かなのは、
ちゃんと剣が抜けて、それをぼろぼろにしてしまった記憶と、
髪の毛はかわいそうに、ウィグが必要な状況。
着物は、何故か泥シミやかぎ裂きが・・・・。
たぶん、4歳下の弟との協同作業の結果かと。
いずれにしても、怒られました・・・・。
だって、髪の長い、男柄の地味な錦をまとった鍾馗様は、
ほとんどホームレスのお仲間のように・・・・。

むしろ楽しかったという記憶が濃いのは、
大きな鯉のぼりや吹き流しを、じいちゃんと朝掲げて、
夕方に降ろしした記憶。
それが、毎日だったのか、天気のせいだったのかは、
いまいち曖昧ですが、
今のような、強い合繊ではなかったのでしょう。
急な雨で降ろした記憶もおぼろげにありますね。

その鯉のぼりを、客間だったのか、
とりあえず、取り込んであるところで、
鯉のぼりの腹の中にはいて、
遊んだ覚えがありますね。
弟もまねする・・・。
これも、当然親に怒られた・・・・。

今銀花でご覧いれている五月人形は、
楽しい姿で、微笑んでしまいます。
今日は道楽かん工房真鍋さんの、
張り子や土人形でつくられたものをご紹介します。
doll980.jpg


hina981.jpg


桃太郎さんやお供や鬼。
金太郎さんや熊やウサギ・・・。
旗を掲げたり、こん棒や張り子でできた鯉を持ってます。
いくつか並べて、パレードみたいにすると、
なんだか、話し声や会話が聞こえて来そう。

hina982.jpg


これは同じ桃太郎さんの誕生姿ですが、
大きい方は張り子で、小さい方は土人形。
元気に見開かれたお目々がいいですよね。

hina013.jpg



まさかり担いだ金太郎~♪
と聞こえて来そうな・・聞こえる・・・・違う、
無意識にぼくが歌っていた。ヤバイ・・・。
これは張り子で作られた人気の熊乗り金太郎。

張り子や土人形ですから、
作りやすく、壊れにくくと考えて、
複雑な造形ではないのですが、
そこは、現代彫刻を続けて来た真鍋さん。
しっかりした造形で省くものは省くことで、
むしろ、愛くるしさを増しているとことは、さすがですね。

                  甘庵

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/285-99783d90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)