FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

卓上で気軽に火が使えます

開催中の「火にかけられる器展」から、
今日は寺山光廣さんの「卓上炉」をご紹介します。
寺山さんの鍛銅鍋の良きサポートアイテムです。

鍋料理は出来るなら、
卓上でことこと、ぐつぐつしながら、
食べたいですが、
コンロや七輪が少し面倒だったり、
大がかり過ぎるときに、
このアイテムはとてもお洒落で便利です。

14_fire_0305.jpg
寺山光廣 卓上炉 一式 23,100円
径13.5cmH5.8cm


裏表でサイズを変えられるリング状の真鍮ゴトクと、
固形燃料を受ける2重の銅皿との、
組み合わせは、なかなかスタイリッシュです。

14_fire_0304.jpg
フレームは返すと径が変わります。

近年の固形燃料は、カロリーもあり燃焼時間も長く、
熱伝導率の良い、効率的な銅鍋だと、
卓上での調理も十分な能力があり、
銅鍋の姿をご馳走にでき、
特にその真価を発揮します。

14_fire_0303.jpg
寺山光廣 方形鍋 65,100円
木蓋・付


画像にあるキャンドルでも、
調理済みの料理を、
冷めない程度に維持するなら、
十分に効果的です。

また、冬ばかりではなく、
熱量が辛い季節にも最小限の熱量と、
見た目が暑苦しくないイメージで、
四季を通して使いたい、
優れた卓上炉です。

       甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2860-b65c6283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)