FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

光藤佐展がはじまりました

今日から光藤佐さんの個展がはじまります。
例年はお正月に催していたのですが、
今年は穴窯が新年になってから焚くことになり、
少し遅らせて春に開催となりました。

14_mitsufuji_0045.jpg
粉引鉢5.5寸 5,500円 W17cmD15cmH5.5cm

14_mitsufuji_0046.jpg

今年の作品は、粉引や刷毛目という、
春らしく明るい作品が中心になります。
この数年の絵唐津や焼き締めがメインだった会場に比べて、
パッとして春らしく感じます。

14_mitsufuji_0055.jpg
刷毛目鉢6寸 6,000円 径17.5cmH4.5cm

14_mitsufuji_0056.jpg

とはいえ、穴窯らしく落ち着いた、
釉調なのはいがめません。
また芯までしかっかりじっくり焼き上がっているのも、
光藤さんの仕事ですから、
見ためはこんがり美味しそうなのに、
重いというのではなく、手にしたときに、
ぐっと手応えがあります。

質量ではなく、
器としての存在感や力量を感じ取れます。
ぜひ手にとって、掌から感じ取っていただきたい、
甘庵の大好きな器です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2891-282f80a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)