FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ひとり楽しむ片口

開催中の光藤佐さんの個展から、
白磁片口酒注ぎをご紹介します。

14_mitsufuji_0103.jpg
白磁片口酒注ぎ 10,000円
W14cmD9.5cmH7cm


炎にさらされた場所で焼かれ、
白磁というより自然釉がたっぷりかかり、
淡い緑の釉調になっています。

14_mitsufuji_0101.jpg

造形時に歪ませた以上に、
強い炎のなかで変形したため、
多少切れが鈍くなっていますが、
そこも愛嬌に感じられるほどに、
炎の景色が肴になります。

14_mitsufuji_0102.jpg
磁器土を見せた高台が良い感じの緋色に発色して、
呑みきったとき、洗う時に返して、
しばらく眺めいってしまいそうです。


容積も口が下がってしまったようで、
100ccちょっとほどで、
注ぐ道具としては問題児でも、
嗜好品としては魅力的で、
ゆっくりを酒を味わいながら呑むには、
勝手がよいかもしれません。

また、珍味を盛りつけたり、
そばつゆ入れにしたりと、
やきもの好きにとって、
一人密かに楽しみたくなる器です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2892-5d85c281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)