FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

“うつわ”で夏を楽しむ方法

【四季が文化を創った】

私たちにはあたりまえの四季。
でもこんなにはっきりとした季節風土を持つ国は、
実は少ないほうだそうです。。
夏の亜熱帯並みの蒸し暑さと、冬の厳しさとの落差が大きいのです。

世界中どこでも、風土から文化は生まれ育まれるのでしょうが、
こんなにはっきりとして四季だったからこそ、
私たちの文化が生まれて来たのかもしれません。

今のようにクーラーや優れた暖房もなかったわけですから、
夏の蒸し暑さも、冬の底冷えも厳しかったとおもうんです。
だからこそ、四季の変化厳しさと考えずに、暮らしの中で工夫をしたり、
四季折々の生活習慣として楽しんでしまう。
そんな暮らしの知恵を持ち合わせていたようですよ。

【夏を器で涼しくする工夫】

じめじめした梅雨。
蒸し暑い夏。
四季の中でも特に厳しいのが夏だったかもしれませんね。

ガラスの時にも書かせてもらいましたが、
水や氷をイメージ出来るガラスの器に、夏季の季節感をあてはめて、
見ためや、材質感から、涼を呼び込もうとする。
知恵なのでしょね。

ガラス以外でも、お約束の夏の器がありますよ。
焼きしめの器に水を打ったり、水につけて、
清涼感をイメージさせたり、
同じように黒い漆器に露をうったり。
清涼感のある青磁、青白磁(せいはくじ)、染付け(そめつけ)。
といった、磁器を効果的に使ったり。
  
形も口が広く浅いものが、深いものより夏向きでしょう。
そんな鉢に、水をはり一枝の緑を添えるだけでも、
涼しさは演出できます。

木地のままの器も水になじみ、
清涼感をイメージしやすですね。
ヒノキやさわらの桶や曲げわっぱ。
青竹、アケビ籠、竹篭などの籠類。
麻織物、藍染めの布。

絵柄にも夏の季節感を盛り込むことで、
直接的な涼しさをイメージするわけではないのですが、
夏を楽しみ、めでることで、取り込む、
暑気ばらいの心意気かもしれませんね。
昔からの図柄なら、水にかかわるもの・・・。
でもいまどき水車っていてもんねー。
見たことないもので、涼感をイメージできませんよね。
ごく普通に自分でイメージできる図柄なら、何でもいいんですよ。
水玉でも沢ガニでもヨットでもね。
簡単なのは季節の花。これは好きなもので良いですものね。

 【夏を涼しくするレイアウト】

レイアウトも盛り付けも、少しゆったり。
テーブルの上の器の数を減らして、軽やかなコーディネイトを、
心がけましょう。
盛り付けは大きめ器に、ゆったりと中高に盛り付けましょう。
(なかだか:うつわの中央に盛り上げるように盛ること)
器のふちや隙間を空間を楽しむように、
ゆったりと盛り付けてみてください。

うん、出来れば周りの調度品もゆったりと。。。。
これ、なかなか難しいのか現状ですが、
それぞれの状況に合わせるにしても、心がけたいことです。

 【明るすぎないように】

あと、明るさも、少しだけ控えて見てください。
それだけで、部屋に奥行きが出てきたり、
うっと惜しさが軽減されることもありますよ。

たとえば、明るい南向きのテラスと軒深い茅葺の民家。
夏の午後2時、どちらのほうが汗が引きそうですか?
そんなイメージや想像を楽しみ積極的に、
配慮していって一部を形式化したりお約束にしていったのが、
ぼくらの先人たちの、酷暑を過ごす知恵だったのでしょうね。

他にも人それぞれの素材や色への、涼感をイメージするものが、
あると思います。テーブルコーディネイトやうつ選び、
あるいはインテリアまで、自分なりの夏を取り入れてください。
食卓の器選びで、涼感を楽しめて、
食べ物と一緒に、夏の旬を味わうことができます。

籠、風鈴、蚊取り線香、すだれ、浴衣、うちわなどなど。
夏の小道具も、クーラーとは違った涼感を呼び込んでくれます。

地球環境を一人一人が見つめないといけない時代。
エアコンの目盛りを1度上げる時に、
心の目盛りを一度さげるためにも、
きっと、有効な方法になると思いますよ。
             閑庵

hotaru2.jpg


21.jpg


18.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/29-27b74dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)