FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

円かな鍋

開催中の寺山光廣さんの銅を鍛つ展から、
今日は、新作の変形丸両手鍋をご紹介します。

14_terayama_0125.jpg
変形丸両手鍋 70,000円 W28cmD24.3cmH10.5cm

お客様の要望から生まれた形の鍋だそうです。
円形の底面の部分以外には直線がない、
全てが曲線と曲面で構成された、
円かな鍋です。

14_terayama_0127.jpg

そのためもあって、
眺める角度で全く違う表情を見せます。
その意味では画像で見ていると、
この鍋の完全な姿を、立体的に把握することが、
難しいかもしれませんが、
今日は画像を多めにしてご覧いただきます。

14_terayama_0129.jpg
径24cmの木ブタが納まるまります。

上からみると楕円なのですが、
木ブタを納めてみるとわかるように、
途中までは円形の鍋といってよく、
そこから上部が楕円に広がり、
真鍮の両手まで稜線を繋がっていく、
緩やかな連続曲線の美し鍋です。

14_terayama_0126.jpg

鍋そこから縁までの勾配も、
変化しながらも滑らからに繋がり、
見込み側の錫引きと、
銅素地の鎚目の色の対比で、
美しい曲線の縁を、
より鮮やかに見せています。

14_terayama_0128.jpg

手仕事から生まれるフォルムだからこその、
優しい表情の円かな鍋です。

         甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2908-e563fe59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)