FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

花実文のマグカップ1

開催中の葛西義信さんの個展には、
桜、カタクリ、スミレ、あじさい、
木イチゴ、ブドウと春から秋までの、
花や実が描かれた器が並んでいます。

14_kasai_0158.jpg

今日は釉裏紅と呉須で描かれた、
花や実のマグカップを3種ご紹介します。

14_kasai_0159.jpg
マグカップ すみれ 3,880円 平均の径8.5cmH7.7cm

初めにスミレ文のマグカップです。
関東育ちのぼくの見慣れたスミレとは、
少し違うようです。
図鑑で似たものを見つけました。
「エゾノタチツボスミレ」とあります。

14_kasai_0160.jpg
マグカップ カタクリ 3,880円 平均の径8.2cmH8cm

このマグカップはカタクリ文です。
片栗粉の由来になる、
本来はこの鱗茎から採った、
良質なデンプンのことだったようですが、
どれだけたくさんのカタクリと手間が、
必要だったことでしょう。

14_kasai_0161.jpg
マグカップ 木イチゴ 3,880円 平均の径8.2cmH8.5cm

続いて木イチゴ文です。
これはナワシロイチゴに見えます。
苗代のころ実が食べれることからと、
図鑑にありました。

どれも葛西さんの身の回りで、
北海道の厳しい冬が過ぎ、
春から初夏までに姿をみせる、
花や実を描いていらっしゃるようです。
そんな文様はどれも、
やさしい目を感じ取れる、
絵付けもやさしい器です。

         甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2922-ce81c614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)