FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

山葡萄の籠

蔵出し逸品展から山葡萄の籠を、
ご紹介してみます。
材料も仕事も国内の籠です。

14_ippin_0056.jpg
山葡萄乱れ編みカゴ 70,000円
W32cmD13.5cmH37cm(本体25.5cm)


素材も編み手も国内のものではないものが、
多くなってきています。
価格は求めやすく、
技もドンドン良くなっているのですが、
国産に限るとかそういうことではなく、
甘庵としては、なにか気持ちがすっきりしません。

14_ippin_0057.jpg

人気の出てくれば、商いとして仕方がないこととはいえ、
和の工芸の連鎖の伝統が維持できなくなる気がします。
山葡萄やアケビは本来は山の恵みです。
自然が豊かでいて、共存する営みとして、
山から得た自然素材を活かし、
伝わっていく技術や
気持ちを込めて出来上がる仕事です。

ブランド化したり貴重になりすぎて高価になることも、
どこかおかしいのですが、
手を抜かない仕事ゆえ少し高価でも、
気に入ったものを大切にして長く愛用することで、
山で暮らす営みや伝統を応援することが、
本来の流通であってほしいと願うことが、
残念ながら、叶わなくなってきている気がします。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2945-f008f89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)