FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

繊細なテクニック

蔵出し逸品展から巳亦敬一さんの、
繊細な作りのワイングラスをご紹介してみます。

14_ippin_0113.jpg
巳亦敬一 青ステムワイングラス 15,000円
径8.5cmH26cm


一時期、ヴェネチュアンテクニックが、
もてはやされたことがあった頃に、
「基本的な技術として出来ることです」
「参考として作りました」と、
巳亦さんが個展の時に、
さらっといくつかのワイングラスが並びました。

14_ippin_0117.jpg

持ってみた時にまず、
その軽さに特別な仕事と感じ取れます。
薄作りのカップ部分には、
細かなモールと赤いガラスの口巻きが施され、
ステムとの接合部は二重に絞られて、
格調高い納まりです。

14_ippin_0118.jpg

ステムは中空の青いガラスで、
中央に口巻きと同じ赤い細い帯が巻かれ、
ベースは薄く吹いて広げて、
端部は巻き返して玉ブチに処理されています。

14_ippin_0116.jpg

隈無く見るほどに、
繊細なテクニックから成り立っていて、
確かな技でさりげなくまとめられ、
全体的には、ゆとりを感じさせ、
高貴な気配と精緻な質感を、
このワイングラスに持たせています。

来週の5月16日(金)からはじまる、
巳亦さんの個展の器が人気なのは、
このワイングラスのテクニックがあってこそ、
楽しく美しくても、使い勝手が良く、
日常の中で使う器として仕上がっているのが、
改めて納得できます。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2946-a77a8249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)