FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

優雅な姿の花入

蔵出し逸品展から稲垣明子さんの、
古代の壺を思わせる、
練り込み花器をご紹介してみます。

14_ippin_0122.jpg
稲垣明子 練り込み花器 10,000円
径7.5cmH22cm


3色の土をロクロで挽き形作ることで、
動きのある螺旋の文様の練り込みが、
描き出されています。
14_ippin_0120.jpg

ベージュ、青、赤茶と土色を変化し、
結晶釉がマットな肌合いを見せながら、
一部は釉が流れる景色も見せています。

14_ippin_0121.jpg

美しく優雅な曲線で構成され、
スリムで緊張感のあるフォルムは、
貴族的な匂いを醸し出しています。

一輪の花を活けるのも楽しいのですが、
花器自体をオブジェとして、
見せたくなる逸品です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2948-56f6ecce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)