FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モダンだけど和のボール

終盤になった小野寺友子展から今日は、
個展サブタイトルの見本になる、
粉引ボールをご紹介してみます。

14_onodera_0216.jpg
粉引ボール大 5,400円 径20.5cmH7cm

まずはこのさりげなく無駄のないフォルムです。
ゆったりした曲線の構成と、
碁笥高台(ごけこうだい)で納めています。

14_onodera_0217.jpg

表情はざっくりして素地と、
粗挽きな粉引の肌合いで温かみのある、
美味しそうな焼き上がりの質感に仕上げています。

14_onodera_0219.jpg

見込みのなかにも計算された、
ムラをみせる粉引化粧と、
見込み絵替わりに茶だまり風の、
ロクロ目でつくられた一重の輪が、
上手いアクセントになっています。

14_onodera_0218.jpg

ざっくりした素地から石ハゼがみえたり、
侘びに通じるムラや、見所として配された輪など、
和の器ならではの愉しみと、
合理的なフォルムでデザインされたボールは、
「モダンですけど和です」と甘庵の勝手で、
サブタイトルにさせてもらっている、
小野寺さんの仕事を感じ取ってもらう、
良い見本のようなボールです。

14_onodera_0221.jpg

そして小野寺さんが目指している器の基本である、
日常で使ったときに一番活きてくる器であるという、
共通に魅力であることも間違いありません。
小野寺さんが資料で送ってくれ会場に置いてある、
普段使っている様子のアルバム1ページからは、
作り手としての小野寺さんの姿勢が、
伺えて楽しく拝見しています。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2972-c694e08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)