FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

使うのが楽しい仕掛けのある「ほたるカップ」

開催中の涼しさをよぶ器展から、
野波実さんの「ほたるカップ」を2点ご紹介してみます。

14_cool_0090.jpg
野波実 青白磁動物ほたるカップ 2,400円
平均のサイズ径8.5cmH6.5cm


ヤキモノの「ほたる」というのは、
素地に開けた穴を釉薬で埋めて焼成して、
ほんのりと光が透けることを言います。

14_cool_0092.jpg
野波実 青白磁流れ星カップ 3,000円
平均のサイズ径9cmH10.5cm


ガラスとは少し違っても、
ヤキモノの素地に開いた小さな窓から、
ほんのりと光がもれる透け感が涼しげです。

14_cool_0091.jpg

陶器でも出来ないわけではないのですが、
やはり白磁や青白磁など磁器の方が、
爽やかな素地が涼しさを増して、
眺めるのも楽しい、涼感のトッピングです。

14_cool_0094.jpg

この野波さんの二つのカップのホタルは、
使うのが楽しくなる仕掛けにもなっています。
動物カップは、飲み物が減って目が見えてくると、
目の部分が仄かに明るく見えてきます。
ビールが似合いそうな流れ星カップは、
内側に一番星が見えます。

作り手野波さんの遊び心から、
使うのが楽しいカップに仕上がっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2982-610868c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)