FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

氷りのような花器

とても大きな台風がやってきていて、
これから災害がでないかと心配です。
進路に当たる方は気を付けてくださいね。

その台風がもたらしている天気のか、
今のところ、朝から青空が見える荻窪は、
湿度が高く気温も上がってきています。

14_arakawa_0017.jpg
オーバルの花器 49,680円 W19.5cmD11cmH26cm

荒川尚也さんの個展から気持だけでも、
すこし涼しくなるような花器を、
ご紹介してみます。

楕円注のシンプルなフォルムで、
どしっとした肉厚の素地には流れるようなアワが入り、
口縁部分はアイスクラックという、
熱いガラスを急冷して入ったヒビや割れを活かす、
アイスクラックという方法で、
本当の氷を見るようで、
見事な涼感を出しています。

14_arakawa_0019.jpg

このザクザクっとした口縁が、
花を活けたとき、納まりが良くて、
甘庵のような素人にも活けやすいんです。

14_arakawa_0018.jpg

水をいれると、
水がレンズのような役目をして、
澄んだ素地とアワが引き立ち、
光や映る物で様々効果を見せてくれるのも、
楽しいみになる花器です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/2997-6cd0c042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)