FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

澄んだ色は重ねるほどに艶やかに

開催中の森くみ子さんの藍の裂展から、
今日は対照的に美しい発色を見せるストールを、
2本ご紹介してみます。

14_mori_0022.jpg
ストール 34,560円 40×175 絹 藍・楠

一本目は、藍らしい色合いに見られますが、
他の藍だけの色合いとはどこか華やかにみえます。

14_mori_0070.jpg

このストールは藍に楠を掛け合わせています。
絹の発色の良さを活かしているからこそでしょう。
少し若々しい軽やかな青い色に見えます。

14_mori_0014.jpg
ストール 49,680円 50×166 絹 藍・赤芽黐

二本目は赤茶と渋い青のグラデーションが、
大胆でお洒落な絹ストールです。

14_mori_0066.jpg

こちらは、藍と赤芽黐(あかめもち)で染めています。
光の加減ではオレンジに近く見えたり、えび茶に近づいたり、
素地の絹の光沢もあって変化を見せて、
身につけるのを楽しめるストールです。

染める素材はもちろん、同じ素材でも織り方や糸のより方でも、
発色違ってくるのが天然染料の弱点でもあり、
逆に魅力でもありますが、
ぜひ会場で、どの一つをとってもそれ一つの染め色です。
たった一つしかないお気に入りのストールとの、
出会いを経験してみてください。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3006-79fe9c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)