FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

粉引のはなし

やきものは煮物にしなくていい」と暴言をはいているぼくですが、
あまりこういうことをいってるといけないので、
少し軟化して「煮物にしなくていいやきものを使おう」ではどうですか?
えっ、変わってませんか。
では「煮ても良いけど煮なくても良いやきものをつかおう」
って、やっぱり変わってないですね。
ははは。
まぁーともかく、使いやすい器を常識の範囲の思いやりを持って使えば、
過保護にならくても大丈夫だと重ねてお伝えしたいです。

やきもの好きや陶器好きになられると、
なかでも気にかかるものに「粉引」があると思います。
ところが、やきもの扱いに臆病になられてしまう方は、
この粉引との運の悪い出会いで懲りてしまう方が多いようです。
扱いにに気を遣う粉引もあるでしょう。
それはそれで、それなりの表情の良さなどがあるのでしょう。
その器は橋渡しする側や作り手が把握しているのなら、
作り手や橋渡しの人が煮るべきではないかなー。
そうすべきとおしゃるのなら、そうして使って欲しいなら、
煮物にして提供すべきでしょう。
もしもそれが面倒なことでない思っていて、使い手にゆだねるなら、
ご自分たちでなさるべきだと思います。

ぼくが使うたびに水をくぐらせて使うことを提案するのは、
先人たちの知恵であり、
侘び寂の美しさは使い手が仕上げる楽しみで、
少しずつご自分の色に染めていく染め物に近いと考えているから、
そう提案しています。

粉引は抹茶碗として、桃山時代に日本に朝鮮半島から伝わり、
作り出した半島では、見捨てられていってしまいます。
白い色を好んで白磁の廉価版的に出来たこともあり、
色がわかっていったり、貫入(釉薬のひび)が入るのを好まれなかったのでしょう。

日本では茶道の侘び寂の美意識のなかで好まれて、
無機質な空間に住む現代のぼくらにも、
その柔らかで有機的な質感が好まれていまだに人気のやきものです。

ところが、情報不足からか、いきなり使いだしたり、
それより、使うことが念頭に足らないと思われる作り手側のために、
(はっきりいうと、焼き切っていない器)
粉引は汚れるものと、すり込まれてしまう方が出来てしまうのは、
大変残念です。

たしかに、抹茶碗などなら、柔らかく焼いて、
ヤワヤワ使い、侘びて行くのを楽しむのも、
数寄人の心の遊びで良いでしょう。
ハレの器で、遊び心や心のゆとりで使う物もよいでしょう。
でも、日常食器では、これは問題があります。

しっかり焼いていて、でも土味や粉引の柔らかさを出す。
それがプロというものです。
お金いただくのですから。
マグなら、コーヒーや紅茶を呑むわけで、
アクや茶渋が付くことを想定して、
それでもそれが味になるとか、つきにくくするとか、
最低限、作り手自身が使って違和感のない器にしないといけません。

皿や鉢なら、煮汁や焼いた魚の脂が残りにくいことを想定しないとね。
でも、使う側も、染みこむから色が付いたり匂うのですから、
いきなりは染みや匂いがつかないように、
水や湯に浸ける思いやりは欲しいですね。

過去のブログに書いた記事も是非目をとおしてください。
「粉引」KOHIKI
http://utuwaya.blog74.fc2.com/blog-entry-36.html
甘庵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/305-454ede2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)