FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

器でありながらも木彫作品

武井順一さんの個展最終日の荻窪は、
台風一過の雲一つない青空です。
今日はケヤキ足付器をご紹介します。

14_takei_0059.jpg
武井順一 ケヤキ足付器 54,000円
ケヤキ 拭き漆 径25.5cmH8cm


木塊から彫りだすからこその造形で、
器でありながらも木彫作品としての、
重厚な存在感があります。

14_takei_0058.jpg

すっとした足元から優雅に広がる端、
力強い動きの見える刃のあとが綺麗な見込み、
凛とした緊張感のある美しいフォルムです。

14_takei_0060.jpg

年月を重ねたケヤキの杢目は、
豊かな安心感を与えてくれます。
刃あとがあるのに滑らかな木肌にそっと手あてると、
武井さんの木との会話が聞こえてくるようです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3077-0ed9c71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)