FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵付けも縁のデザインも盛りつけを引き立てます

うつわ塾料理が映える器展最終日となりました。
器についてお話しさせていたく「うつわ塾」は、
引き続けていこうと思っています。
ご質問などは、いつでもお気軽にお尋ねください。

14_haeru_0025.jpg
安南手輪花鉢 30,240円
径23cmH7.5cm


今日ご紹介するのは、
藤田佳三さんの安南手輪花鉢です。
輪花に切り出された縁と優雅な唐草文がゴージャスな鉢で、
見ているだけでも幸せな気持になりますが、
そこは「器は使ってなんぼ」と言い切った、
藤田さんの作る器ですから、
料理を盛った時が一番活き活きします。

14_haeru_0026.jpg

これだけの完成度の高い鉢で、
七寸五分を超える大きさもあるので、
盛りつける料理は気張らないとと考えがちですが、
いつもの煮物、具だくさんのサラダなど、
日常の料理を盛りつければ、
いつも以上に美味しそうになります。

14_haeru_0027.jpg

もちろん、テンションの高い晴れの料理や、
気品ある盛りつけが最大限に活かせる力をもつ、
品格を備えて鉢でもあります。

14_haeru_0028.jpg

しっかり焼けているので、
長く愛用していただくことで、
落ち着きのある侘びた表情に育ち、
より盛り映えする器になることでしょう。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3089-45403977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)