FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

可愛いだけではありません使える猪口です

寿ぎのうつわ展から藤田佳三さんの、
赤絵猪口をご紹介します。

15_kotohogi_1040.jpg
藤田佳三 赤絵猪口 2,940円
径7.8cmH6cm


そば猪口の大きさとしては江戸好みで小振りでが、
可愛い赤絵草花唐草文が描かれて、
猪口型なので盛って由、飲んで由の、
多様な使い方が楽しめます。

15_kotohogi_0036.jpg

ちょっと珍味など盛りつけるのに、
華やかな絵柄が盛り立ててくれます。
手持ちが良く、優しい口あたりなので、
お茶の小湯呑みとして、
酒をたっぷり呑むのにも使いたくなります。

15_kotohogi_1041.jpg

見込み側の縁下や見込みにも絵付けがあって、
使う楽しさを演出するところも藤田さんらしい仕事です。

藤田さんの赤絵は粉引ベースなので、
使っていくことで貫入が入り肌合いも落ち着いてきて、
少しずつ侘びていく陶器ならでは育てる、
醍醐味も味わえます。

色々使えて、長く楽しめる、
可愛いだけではない使える猪口です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3151-5cd42015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)