FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

冴えた緋色が映える志野茶碗

光藤佐展から今日も穴窯で焼かれた、
表情のある器をご紹介します。
緋色の冴えて映えている志野茶碗です。

15_mitufuji_0252.jpg
志野茶碗 54,000円 径13cmH9.5cm

たっぷり掛かった厚みのある長石釉と、
桃山陶器を思わせる大きくドンとした作りで、
ゆったりした表情ながらもダイナミックな茶碗です。

15_mitufuji_0253.jpg

透明感がありながらも白く重なり、
砂糖菓子や雪を思わせる釉調の下に、
鉄で描かれた文様が伺えます。

15_mitufuji_0254.jpg

釉が薄めなところや素地がみえるとこでは、
炎の中で素地と鉄絵と釉が解け合い絡み合い、
泡雪のような釉調や冴えた緋色を見せていた、
高温の窯の中での変化に思いを巡らすのが、
楽しくなります。

志野といえば桃山のやきものの代表です、
志野茶碗粉引や刷毛目などの李朝陶器をリスペクトしたものとは、
また違ったロクロ挽きのフォルムや高台作りは男性的で、
彫刻のように生み出す創造力のパワーを感じます。
光藤さんの次ぎに見え据えているやきものが、
見え隠れしているように思えます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3160-b1f67028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)