FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

急須ひょいオーナーの疑問 4

「本日もお疲れ様です。何だか(昔流行った)メル友みたいですが、またお邪魔致します。」
という書き出しでまだまだ疑問質問がわき出るTちゃんなので、
そう来れば、しっかり答えないと気の済まないぼくなので、
またまた長くなって恐縮ですが・・・・。答えます。

(最近この一口にまとめて言い切れない、ぼくの物言いに、
 疲れのたまっていた親しい友人の怒りを買い・・・反省大のぼくです。
 が、工芸のお話はどうしても省き切れない状況ですので、お許しを!!)

さて、はじめましょう。

Q:茶渋 ....緑茶や中国茶より、やっぱり紅茶は直ぐ濃く茶渋で残ります。普段はツルツルな磁器を使っているけど、着く!!

A:そうですね、紅茶が一番アクが付きやすいですね。
そのため、磁器を使うカフェでも湯煎をした器で提供するのですよ。
たとえ磁器で素地に、しみ込むことがなくても、
表面が綺麗なだけにアク付くのは美しくないですからね。

Q: 仕事の合間に飲むカップは、減ってく過程が分かる様に茶渋が輪になって着くけど。(一般的な)磁器だから容赦無く漂泊剤へGO。 ...ひょいは茶渋が目立たないから平気だけど。 これは、やはり磁器ならではでしょうか。

A:磁器でなくても、色が見えやすいものなら、あり得ることです。
それに、磁器だからとかではなく、決めの細かな釉薬が掛かっているものなら、
磁器でも、せっ器でも、紅茶のアクも付きにくいですよ。

Q:せっかくのせっ器や陶器は(私みたいな手作りデビュ-班は)きっと、あぁ..手作りって実感出来るのを選びます。うっかり漂泊剤...。茶渋は料理染みより絶対気にするので。漂泊剤の注意をいつか。

A:磁器には確かにアクや茶渋は美しくないので、取る方がいいでしょう。
でも、茶渋などに神経質になるなら、漂白剤の残留を身体のことを考えたら、
乱用しない方が良いのではないでしょうか。
アクや茶渋はタンニンですから、場合によっては、摂取しようとしているものですが、
漂白材は塩素などが基本ですから、
トリハロメタンなどと言われる発ガン性のある物質をつくる原因のでもあり、
また、塩素漂白剤+茶渋+酸性のもの(レモンや酢など)で、
あの毒性で強さで有名なダイオキシンが出来てしまうことがあります。

塩素などが表面に残りにくく、素地に吸水性がない磁器はよいですが、
せっ器や陶器には普通は使わないほうがよろしいのでは、
アクや茶渋が気になるなら、やはりこする!!
最近は良い洗うスポンジなどがあるのですから、
洗剤や漂白材に頼らず、こする!!
身体の溜だけでなく、お茶類に関しては、
香りの残存も大変気になると思いますよ。

陶器やせっ器を楽しむと言うことは、
茶渋などで少しずつ変わる様を「侘び寂」と喜んだ、
先人から受け継いだ「和の美意識」として、
受け入れてもらえると嬉しいのですが・・・。


Q: 釉薬着いてても...マット系は汚れやすいんですね。素人は薬を信じますので。何気に参考になりました。

A:薬>釉薬(うわぐすり=ゆうやく)や、磁器や陶器やせっ器などを信じるのではなく、
自分の目を信じるのが一番です。
では、どうやって自分の目を信じれられるいうにするか?
信頼のおける店で、信じられ留物を手に入れて、
使っていって覚えるのが一番です。


Q:焼きの甘い物 ...これは運ですね、やっぱり。しっかり焼けている →地が焼き硬くなる → カビ難い → 丈夫 。って事ですか? ..運と相性ですね。

A:運ではなく、しっかり焼けた物が器です。
そうでない物を手に入れてしまうのは、運が悪いのではなく、
そんな器を選ばなければいいだけです。
一つの手だてとして、しっかり焼く器を作る人を選ぶ、
そういう器を選んでいる店を選ぶのが、近道ですね。
ですから、運ではないと思いますよ。

                     甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/321-e64761f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)