FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

片口に惹かれるわけ

器好きなあなた。
片口に心惹かれてしまうってことないですか?
これは、ぼくたちの血の中にながれている、
和の美意識に由来しているようですよ。

一口にいうと、左右対称より、
少しだけ違っているほうが、
どこかしっくりするという特有の感覚があるようです。

それに対して、中国から欧米までほとんどの文化の様式では、
シンメトリー(対称)が基準です。
真ん中に階段があって左右対称配置するホール。
寝台の左右にサイドテーブル。
城でも宮殿でも、大まかな外観はまず左右対称。
こんな大きな空間から、
デーブルの上まで、シンメトリーが基本ですね。

比べて、和の文化は、
大陸の影響で建てられた天平・奈良あたりまでは、
左右対称だった伽藍配置も、
平安・鎌倉と時代が下るに従って緩んでいき、
官ではなく民に至っては、
建物に限らず、あらゆる物に非対称が多くなっていきます。

そんな歴史のなかで自然にぼくらの血に刷り込まれた感性が、
非対称へ心地よさを感じる文化だと思います。

器では、片口はその代表です。
置くときに、ほとんど迷わず自然と口が左にいくでしょ。
確かに、左利きを生活の中で補正されるので、
ほとんどの方が右手で片口を持ち、
左側に注ぐので、そう置いた方が、
持ちかえる必要がないので、
能率的なのですが、そればかりではないようです。

お頭付きの魚をお皿に盛りつけるときも、
頭(口)が左ですよね。
そんな感じで、約束としても、
注ぎ口は左にするのは、急須も、汁注ぎも同じです。

余談ですが、左右があるのですから、器に表裏が出来て来ます。
器の正面に当たる部分を客付きと言います。
向付けや、小鉢のように、
一人ずつの器として、片口を意識するなら、
口を左にして、手前側が客付きという、正面です。

さて、片口の話にもどして、
そんな心惹かれる形の片口は、
注げるという使い勝手に加えて、盛り映えもします。
これまた、左右対称の器にない美しさを感じてしまうわけですね。

trm626.jpg


一輪一枝の花を添えても、
花器に活けるのとは違った、
広がり風情があり、心和みます。

氷を入れてアイスペールに、
冷えて露を浮かべた土肌はしっとりとなじむ。
グラスに氷を入れるだけでなく、
溶けた水は水割りにも、程よく。

trm650.jpg


もちろん、お気に入りの酒を注ぎいれ、
酒の色を楽しみ、潤んだ土肌を愛で、
酒で集めた光を受けた見込みを覗き、
するすると注ぐ流れと音を聴き・・・・。
肴になる酒器でもあります。

と、実はぼくが片口大好き人間なだけかな・・・・。

          甘庵
  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/331-61bd6a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)