FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

加藤財さんのポットの黒い土肌は調色された彩り

開催中の「真っ黒でない黒い器展」から、
一度使うとファンになる加藤財さんのポットを、
ご紹介してみます。

15_black_0586.jpg

愛おしくなる丸みのあるフォルム、
切れの良い注ぎ心地、
何よりお茶が美味しく入るなど、
加藤さんの急須やポットには魅力がぎゅっと詰まっていますが、
無釉で焼きしめた土肌も大きなチャームポイントです。

15_black_0587.jpg
加藤財 ポット 茶 丸  11,550円
550cc 単品


作り出した頃からドンドン進化して今の土肌に落ち着いています。
ざっくりした質感、むっちりした質感という肌合いや、
堅く丈夫なことなど性能を引き出すために、
個性を出すために、その都度少しずつ変えながら土を調合しています。
その一つに土の彩りもあります。

15_black_0588.jpg
加藤財 ポット 茶   彫りなずび 16,800円
450cc 単品


土の持つ彩りに加えて、
鉄分などを多く含んだやきもの絵の具のような、
オニイタや黄土、ベンガラや酸化鉄や、
マンガンやコバルトや銅などの、
発色する金属で調色しています。

発色を強調するために、
部分的に木灰をかけて強く焼くことで、
自然釉化して色調が濃くさせたりもします。

絵を描くことも釉薬も施さないながらも、
土肌で一つずつの個性が生まれるようにする仕掛けになっていて、
茶から黒がかった急須やポットから、
一期一会の出会いになりますが、
自分好みの彩りを選んでいただけます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3351-84f018c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)