FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

みそ蔵は転じて家具屋に 

昭和初期に
八丁みその蔵として使われていた古い倉庫に
少しだけ手を加えて
小さな家具屋 になりました

canna1.jpg


そんなコメントのはがきが先月届きました。
場所は名古屋東区相生町。
店の名は「canna家具店」です。
主は、まだ若い女性です。

彼女との出会いは、長野に家具屋さんでスタッフとして、
勤め始めた時でした。
木工の専門学校出たてで、
ご両親の年を伺いぼくとほぼ同年代で・・・・、
そういう子と仕事する年齢に自分がなったことは、
思うところ大でしたね。
それ以来、「おい娘元気にしてるかー」などと、
冗談口に言っていました。
家具のこと、物作りのことを語りあったり、
工芸の質問も一杯尋ねられました。
話すときも聞くときも、
実直で、キラキラ目を輝かしていたのを、
懐かしく思い出します。

あれから、何年が経つのだろう。
長野家具屋さんでお世話になったスタッフたちは、
その後、独立して素敵なお店を持った方が複数いらっしゃいます。
今でもお世話になっている、軽井沢の「春や」さんは、
中でも早く独立してお姉さん格です。
その「春や」さんに、夏に遊びに伺うときに、
よくcannaさんと一緒になりました。
何年たっても受ける印象は変わりません。
いつも笑顔を絶やさない、淡々と働く、がんばり屋の彼女です。

前々から、
「いつかは小さな家具店始めたいんです。
その時には、銀花さんの器も紹介させてください」と言っていました。
その夢を実現するために、色々な才能を生かして、様々な仕事をして、
がんばって、とうとう夢を叶えました。
申し出も、ちゃんと覚えていてくれて、
何か良い器を並べたいので・・・と、
今回お話をくださいました。
少しずつですが、荻窪「銀花」の器を並べさせて頂くことで、
お手伝いすることになりました。
今日まではお休みですが、
明日には銀花から常設品の追加と、
少しまとめて藤田佳三さんの作品が届きます。
午後か明後日には、店頭に並びだすかな。

fjt54.jpg


律儀でまじめながんばり屋さんですから、
心根として、自然と応援したくなります。
お気づきの方も多いと思いますが、
canna家具店のブログを、すでにリンクがはってあります。
荻窪銀花HPのリンクページにも紹介してあります。

ぞれぞれ、是非覗いてみてください。
もちろん、銀花より近いと思えるかたは、
足を運んでくださいね。
その時には、甘庵に聞いたとか、
荻窪「銀花」から紹介されたと、一言添えてくだされば・・・。
おまけは付きませんが、
ぼくが恩を着せておける・・・・ははは。

っていうか、共通の気持ち(器好きとか・・・)の下敷きが、
きっとあるはずだから、
楽しく、心を解いてお話が出来ると思うんですよ。
是非とも、canna家具店をよろしくお願いいたします。

          甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/338-9487fa19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)