FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

頭に「新」が付く・・・

四月は新しい年度へ切り替えの月ですね。
新入生、新学期と、はじめて家の外で迎えた新しい生活が、
だれでもこの4月に始まった記憶をもっています。
(欧米は9月なんですよね)
新社会人もまで、このスタート時期は続くのでしょう。

どこの街でも、まぶしいランドセルや制服や、
新しいスーツ姿を見かけます。

さて、工芸、ものつくりで頭に「新」が付くのはなんだろう?
うーん。
それこそ、新弟子という言葉ぐらいしか、
今は、思い浮かびませんね。
それも、殆ど死語のになりつつあって、
新人や新しく入った人ですまされているでしょう。

人に関わることでなくても、
新製品、新鋭、新型、新柄・・・・と、
製造や物販なら使いそうな言葉も、
ものつくりをしていながら、
案外使わないかもしれませんね。
それは、きっと手で作り出すものだからなのでしょう。

おおかたの作り手が、
年を重ねるごとに、経験を重ねるごとに、
結果を表していることでしょう。
新しい工夫や、研究や、試みは、
今までの成果を重ねて行くことが多いために常に試みています。
ただ、表面的には、せいぜいマイナーチェンジ程度の変化に見えるでしょう。

sake739.jpg


時により、作り手としては、
求めている理想や結果が見えてていて、
それに近づけるための、改良であったり、
あるいは、同じ調子を保つための、
新改良は新工夫は常々のことです。
よしとするところを保つために、
新の付く仕事をします。

たとえば、やきもので食器を作り続ける時には、

土の質感肌合いを引き出すための、新しい焼き方。
釉調をより品格を持たせるための、新しい調合。
手に入らなくなった材料のための、新しい工夫。
こんな風に、常に、使い安く、よりよい器をための、
作る新しい試みを常にしています。

しかも、やきものなどは、杯土(粘土や磁土)や灰などの、
自然素材で、工業製品のように安定しません。
また、採土して粘土にしたり、燃やして灰にしたり、調合して赤絵具にしたり、
手業からつくられる場合は、
その殆どが高齢者の手によって作られていて、
天然素材だからこそ、揺らぐ成分や変化する調子を、
経験を技量で整える技で出来ていたために、
引退したり、亡くなってしまうと、
同じような味わいの生み出す材料は手に入らなくなるようです。

高齢化が進んでいくぼくたちのこの国では、
老いたときの生き甲斐のためにも、
たとえば、工芸などに関わる、見えにくい仕事へ関わる人への、
理解が広がると嬉しいですが、
そこは、経済がかかかわるわけで、
その部分は、そうべらぼうな数字ではないのですが、
工芸や手仕事への理解の幅から・・・、
その数字を価値あるものと見なさないために、
あるいは、「高い」と判断するのは、
量産品や型ものなどと、同じ土俵で比べられてしまうからでしょう。
量産品や型ものを否定しているのはなく、
用途や使われ方は同じでも、
違う土俵のものなのですから。

かつて、世界有数の手巻き時計を、作り出していた日本ですが、
クオーツに変わり、技術力で正確で廉価な時計で、
世界中を制覇した感があったのですが・・・・。
今、ちょっと豊かな証として、
機械式時計を手に入れようとしています。
一時期瀕死の状況だった、スイスの時計産業は盛り上がり、
いわゆる人気ブランドとなっていますね。
カメラもしかりでしょう。

伝統や技術は、それを継続するためにこそ、
常に、新しい技術や、工夫や、考えや、対応が必要です。

ぼくら一人一人が、頭に「新」が付く・・・意味を、
かみ砕き、見直す時期に・・・・、
最後のチャンスが差し迫っている気がします。

              甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/356-a7052f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)