FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

うつわの仕掛けと遊び

先日ブログで酒器は「器が肴」とお話しました。
器を肴に、手酌で楽しむ、
心うち解けた友と言葉すくなくても、
心解いて酒を酌み交わす。
そんな時には「肴は器」でないと・・・。
これは和のテースト「ちょい悪おやじ」って、
ならないか~。ははは。
まぁーなりたいわけでもないですしね。
いえ、なれません!はい。

さて今日は、それよりちょっと、
ガキっぽいぼくむきかな?
「あそびや仕掛け」のある酒器たちをご紹介しましょう。



杉板漆仕上げのお敷きに、
刷毛目イラボの片口と、
ガラスとイッチンの馬上杯がしつらえてあります。
でも・・・伏せたあるガラスのぐい呑みは、

sake952.gif




ご覧のように、伏せておかないと、おけない三角錐の形。
そうなんです。飲み干さないと、おけないぐい呑み。
お酒に自信ある方か、呑ませちゃおうって思うとき・・・。
いえいえ、ちょっとしたお茶目心ですよ。
このような困らせるタイプでは、穴の空いたものもありますね。

馬上杯の方は、杯を返すと、

sake953.gif


このように、受け部分があって、
杯が蓋になっていて、ちょっと箸休めでも仕込んでおいてもいいですね。

sake954.gif


ついでに、お敷きですが、
ヘリポートや駐車場のラインではないですが、
器の着陸位置が・・・・。
いえいえ、勝手に置いていいのですが、
一つのアクセントにはなりますよね
さらに、

sake955.gif



裏を返すと、板の製材時の帯鋸の刃あとを、
そのままに、傷が付きにくいようディテールであり、
漆が吸い込みやすい分、色や質感の違いを楽しめて、
こちらの面も使えるデザイン。
お洒落でしょ。
そう、酒が落ちるんですよ。

お酒は嗜好品。
量で酔うだけでは片手落ち、
時空を楽しみ、心酔う。
そのための道具立てを楽しむの、
心のゆとりとして、心がけたいですね。

           甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/362-d52dcce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)