FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

伝えられる くみ取る 伝える 器好き

昨日のお客様とお話しをしていて、
改めて感じたことに、
器を暮らしの中に取り込んで、
楽しめるに方は、環境やきっかけや、出会いなどといった要因と、
それをくみ取り、学習することの両方が、
どうしても必要かもしれないなーって。

育った環境や風景などの、
殆ど無意識に培われる方。

ご両親の好みや嗜好から、
暮らしやしつけから、自然に染み込んだ方。

これが一番大変だけど、
比較的早い年齢で、器や工芸への好みが自分の中にあって、
何かの機会に、引き込まれていった方。

いずれにしても、自分の中で積み上げていく、
時間が必要かもしれません。
器に興味がそれほどない方にとっては、
これって、努力が必要なことだと写るのかもしれませんが、
そうだと、自分の中で広がっていきませんね。
まずは、楽しめることなのです。

土肌がざらついていたり、
どことなく歪んでいたり、
あえて手あとを見せたり、
こういったことは、量産の器では、欠品になりかねない、
そんな形や姿などをとっても、
これらを受け取りながら、
器の品格を極める力を持てないとなりません。

とても感性的なことで、ぼくの乏しい文章表現で上手く伝えられるかな。
また極端な表現をして、違う誤解を生んでしまうかもしれないけど・・・。
でも、あえて言葉にしてみますね。

媚びて崩していますと、品格を失いがちです。

侘びる土味を誤解していると、使うと下品になる器ができます。

完全はないからこそ、それぞれの理想に向かって、
作り手は作り続けるのですが、
そんな姿勢や誠意をもっている作り手の器には、
技術的に未熟なと時でさえ、品位を感じ、好感を持てます。


なるほど、「血」「情操教育」「毎日のご飯」・・・・。
そんな言葉が浮かんだよめ膳@YOMEカフェの、
YOMEさんのお母様と、YOMEさん姉妹と、愛娘祐来ちゃんの3世代ご一家。

やっぱり、器にどんどんはまっていってしまっていると仰っていたのは、
「料理が不得意なので光藤さんの器には助けられるから」
という話を前にブログでご紹介したIさんが、
京都という街で育った環境を、大人のなった今、ひしと感じでいるそうです。
Iさんは「料理が不得意」と謙遜して仰いますが、
うつわ選びも料理の腕だと、ぼくは思っています。

少しお話すると、どなたにも、
原風景のなかに、「器好きになっていく」そんな環境や体験があると、
感じでいました。

だからこそ、まだ自分の器好きを未確認の方。
興味があるけど少し距離を置いてるあなた。
惹かれけど、わからないことだらけと感じているきみ。

そのために、ブログで辛口の発言や、
長文を書き連ねている甘庵です。
よろしく。

            甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/372-1cd5ea42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)