FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

玄関の椅子

今日の椅子は、名前の通り玄関で使われることを、
デザインされています。
横長なスタイルは場所を取らず安定した形で、
特徴ある形がお客様を迎えるアクセントになります。

この椅子の細く、弓形に少し刳られた形の座面は、
手で削りだされていて、この椅子のポイントになっています。
彫刻のように、刃物のあとが、特徴的で魅力的な表情と、
緩やかなカーブは座り心地の良さを、生み出しています。

ymmt048.jpg


ymmt049.jpg


山本カズ ゲンカン椅子 サクラオイル仕上げ W57cmD33cmH40cm ¥39900

桜材という、素材もこの椅子の魅力になっています。
桜の木目は、きめ細かく、滑らかな肌合いを持っています。
この緻密な木質で、浮世絵の版木にも使われていたように、
堅木(かたぎ)であり、粘りもあるので、
ノミの後を残しながら、品のある質感に仕上がっています。

オイル仕上げの家具は使い込むことで、
木がそれぞれに持つ色合いに少しずつ変わっていく様が楽しみなのです。
桜材のこの椅子はすでに、うっすら桜をしていますが、
使い込んでいくことで、さらに赤みがさしてくる楽しみがあります。

             甘庵

皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/377-b928ec1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)