FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

やきもののデコレーション

あと55日でクリスマス。
って、突然なふりですが、
今はあらゆるクリスマスの楽しみ方や、
イベントや盛り上がりがありますが、
ぼくが子供のころだと、
ケーキを食べれるという貴重な一日と言う日でしたね。

そんなケーキも近場のケーキ屋でつくる、
バタークリームの物でしたね。
流通や保存のためかな?保たなかったのかな?
なぜだかわかりませんが、
フレッシュクリームのケーキはずっと後でしたね。

装飾はまずバタークリームのバラの花。
そして、クリームを絞りだして装飾していく、
線や盛り上がり。
あとは、仁丹みたいな銀色の粒や玉がぱらぱら。
クリームに食紅などで色をつけたらしい、
ピンクや薄いグリーンの花や葉。
そんな感じでした。

どうも、年をとると、
昔話には力が入り、どんどん脇道にそれていってしまいますね。

なんだっけ~。
そうそう、デコレーションケーキの、
クリームを絞り出して装飾するのと、
同じ方法がやきものにも使われます。
それを「イッチン」などと言っています。
山口さんのこのシリーズもそうなんですよ。

ymgc098.jpg


ロクロで成形するときに、
水を加えて滑らせて形作りますが、
そのときに、出るぬるぬるしたものを、
「ドベ」といいます。
山口さんは、この柔らか気味のクリーム状のものを、
絞り器に当たるものにいれて、
成形出来た生乾きの器に、
絞りだして盛り上げ装飾していきます。

わずかな盛り上がりでも、
釉薬に厚みも変わるので、
陰影が出来て、立体感がうみだされます。

各地で行われる伝統的な手法ですが、
はじめからシャーペンで授業していた世代の山口さんが、
描く筆のように時代性が、
よくも悪くもギャップとして現れにくいようです。
染め付けなら伊万里なりの、
大きな先人の仕事がいやおうなしに、
はだかりますが、
イッチンは幸か不幸か、
そう言った妨げになりにくいのでしょう。

実に自由に楽しげな線描になっています。
性質上、そう複雑な文様装飾を出来ないこともあり、
モダンで今様のデザインに仕上がっていて、
ぼくは、心地の良い清潔感を感じます。
飽きのこない良い器に仕上がっています。

             甘庵

  
皆様のクリックは励みになります。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ

bloog.jp へ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:工芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/386-f383d8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)