FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

煎茶も熱燗も呑めるガラス盃

今日は気温が上がって蒸し暑くなってきていますが、
荻窪銀花の店内は荒川尚也さんの器で、
涼しげな空間になっています。

17_arakawa_0664.jpg
荒川尚也 ホウ珪酸茶盃 線刻 6,480円
径6.5cmH5.6cm


ご紹介している「ホウ珪酸茶盃」は、
今までも抹茶碗で使われていた、
荒川さんの工房で調合された熱湯を注げるガラスです。

この盃は「95℃ at 25℃」製品で、
常温(25℃)にある器に95℃の湯を注いで、
テストしたものでお茶や熱燗を飲める盃です。

17_arakawa_0665.jpg

見た目は外側の線刻とフロスト加工で、
氷のような見た目なのですが、
いままでのガラスより幅広い使い方を楽しめます。
もちろん冷たい飲み物にも使えます。

茶器なので酒器と同じで、
普通の食器よりも趣が求められます。
この盃にも緊張感のある品格が備わっていて、
凛とした佇まいの美しい盃です。

また、線刻とフロスト効果で、
手にしたときの安心感ある感触が、
盃の印象を高めてくれ、
使う時を想像すると心躍るものがあります。

              甘庵
              

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3908-ce411aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)