FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

自然と美しく盛れる小鉢

開催中の光藤佐さんの個展から、
今日は作り手の力がわかるベーシックな粉引で、
出番の多い5寸小鉢をご紹介します。

17_mitufuji_0412.jpg
粉引兜鉢5寸 4,320円
径14.2cmH4cm


兜鉢といわれる兜を逆さにしたような形状で、
見込み部分を囲み広がる縁を持っています。
この形が料理を美味しく盛り映えさせ、
その上盛りつけがオートマチックになるという、
優れものの五寸鉢です。

17_mitufuji_0413.jpg

まず粉引ですが素地に白化粧がけした上に、
透明釉を施して焼き上げて釉薬の白とは違う、
粉を引いたようでその名が付いたと言われる、
柔らかな白さが特徴です・・・が、
ご紹介の粉引兜五寸鉢は穴窯で焼かれ、
溶けた釉薬の上に薪の灰が降り、
自然釉が重なって緑の釉だまりや流れがみえたり、
灰がかせてみせたりという一つずつの窯変があります。

17_mitufuji_0414.jpg

これを窯が描いた景色とみれる侘びの感性を好まれる方には、
たまらない表情ですが、
灰で汚れた釉薬と思われる方もいらっしゃるでしょう。
でも、ここはうつわ好き(オバカがつく)の甘庵にだまされたと思って、
一度使ってほしい器です。


17_mitufuji_0415.jpg
渋い釉調の景色ですがこれが不思議なくらいに、
料理や食材を選ばずに料理映えします。
さらに、見込み部分にちょっと中高に盛ることだけ意識すれば、
兜鉢の力で料理人のようなバランスの良い盛りつけになります。
見込みを囲む縁が絵を引き立てる額縁のように、
自然と料理を盛り映えさせます。
甘庵が自信をもってお薦めする五寸小鉢です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3963-9d4ca5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)