FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

熱々がご馳走

めっきり寒くなってきました。
体がついていけていないせいか、
朝晩は寒さで動きが鈍くなる甘庵です。

17_mitufuji_0139.jpg
光藤佐 鉄絵土鍋6寸 19,440円
径20.5cm全H15cm本体h8.7cm


エアコンの温度管理をしていると、
気温があがっても湿度が少なくなってきてしまいます。
そんな時に保湿にもなるので鍋料理は有効になりますね。

17_mitufuji_0140.jpg

コトコトという音やフタを開けたときの立ち上る湯気は、
すでにご馳走になっています。
熱々をふーふーしながら食べて温まり、
同じ室温でも加湿されて温かさに和らぎ加わります。
冬の食卓の定番風景には、
理にかなった良さがありますね。

17_mitufuji_0141.jpg

光藤佐さんの土鍋は昔ながらの土鍋なので、
はじめにとぎ汁などで火入れしてから使い出し、
使い込むほどに煮込まれ味の染みた表情になっていきます。
そこがまた美味しそうな風情になります。

17_mitufuji_0142.jpg

鍋の醍醐味は熱い料理を、
直にとって食べれるということにつきます。
冬ならではの熱々のご馳走です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。


テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3984-745aa0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)