FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵皿にしたくなるけど使う方が何倍も活きる皿

今朝も冷え込んだ荻窪ですが、
もっと大変な地域もあるので、
寒いといって怠けないようにしないと・・・と、
気合いを入れて動いています。

17_fujita_1074_2017121810415731d.jpg
藤田佳三 染付輪花六寸皿 5,400円
径18.5cmH2.6cm


今日のご紹介するのは、
藤田佳三さんの染付輪花六寸皿です。
リズミカルに削り出された輪花が美しい姿に、
流麗な筆で描かれた吉兆花唐草文が、
絵皿として身近で眺めていたいほどですが、
これを普段に使ってこそ器が活きます。

17_fujita_1075.jpg

実際使い勝手が良く、
料理が美味しそうに映えて、
多用に使えて飽きのこない、
使うほどに愛着の湧く、
器としての力があります。

17_fujita_1077.jpg

つまり鑑賞するものとして眺めたくなるほどの皿を、
使ってしまうところが心豊かな暮らしです。
もちろん大好きな器として優しさを心がけてです。
それでも過保護な必要はなく、
常識的な器の扱いが基本で問題ありません。

17_fujita_1076.jpg

「器は使ってなんぼ」とよく仰っている藤田さんです。
お気に入りの器を暮らしの中で、
手に触れて眺め味わってこそ、
器として完成していくものです。

この美しい皿もそうなって欲しいという、
作り手藤田さんの思いで作られた器です。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3990-918924ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)