FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

松蔭を切り取った一碗

開催中の「中條正康 寿ぎの器 展」から、
銹絵染付松図碗をご紹介いたします。

18_chujo_0010.jpg
銹絵染付松図碗 6,480円
径13.2cmH6.5cm


柔らかな赤みのある素地と白い化粧土で、
奥行きのある背景を表現して、
そこに下絵の鉄で松の幹と枝を、
呉須で葉の茂る様を描きだしていて、
モノトーンに近い多彩な彩りではないのに、
松蔭の風景が広がっています。

18_chujo_0011.jpg

フォルムは奇をてらわない、
オーソドックスは碗型で、
その分、多用な使い方ができる形で、
飽きのこない愛用の碗になるでしょう。

向付として、小鉢として、小丼として、
料理が映えて美味しそうに盛りつけられる、
使い勝手のよい一碗になります。

18_chujo_0013.jpg

見込みは盛りつけやすく平たい納まりですが、
約束にこだわらず楽しむなら、
気軽に抹茶を飲む碗としても楽しめる、
掌の良い、程よいサイズです。

18_chujo_0012.jpg

絵柄も並べると松林の用になり、
その景色から切り取った一つは、
どれもそれぞれ少しずつ違うところも、
器でありながら個の美しさを持ち、
選ぶ楽しさも見せてくれます。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/3999-586b4990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)