FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

料理が映え使い勝手の良いハレの器

開催中の「中條正康 寿ぎの器 展」から、
銹絵染付菊絵皿向付をご紹介いたします。

18_chujo_0120.jpg
銹絵染付菊絵皿向付 6,480円
径15.3cmH4.4cm


先日ご紹介した色絵金彩の菊小皿とは、
対照的なモノトーン調な彩りですが、
その中に色彩を感じることができる、
深みのある不思議さがあります。

18_chujo_0121.jpg

また一枚ごとに少しずつ違う菊絵の構図が、
素地の土味を背景として活かしていて、
連ねてならべると菊畑のような、
広がりが展開します。

18_chujo_0122.jpg

その菊畑をトリミングした一枚だからこそ、
5寸の皿のなかに広さを感じとれるのでしょう。

18_chujo_0123.jpg

器としての形は「なます皿」のアレンジで、
間違えなく料理が美味しそうに盛り映えして、
重なりが良い収納性など使い勝手の良い、
器に仕上げています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4004-aa13aed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)