FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

四季を楽しむ飯碗

開催中の「中條正康 寿ぎの器 展」から、
色絵飯碗小をご紹介いたします。

18_chujo_0053.jpg
中條正康 色絵飯碗小 3,780円
径11.3cmH5cm


中條さんの定番品の飯碗です。
この小は小鉢としてお使えて、
使い出すと出番の多い器になりそうです。

18_chujo_0054.jpg

絵替わりで四季折々の絵柄があるのですが、
今回届いているのは冬から春の絵柄です。

18_chujo_0055.jpg

雪をかかえた松、
香りがイメージ出来る水仙、
春の先駆け紅白の梅、
百花繚乱の桜と、
手の平のなかに四季が届きます。

18_chujo_0056.jpg

陶器なので磁器の飯碗のような、
実用本位の丈夫さはありませんが、
優しく使っていただければ、
使い込むほどに少しずつ侘びていき、
陶器ならではの醍醐味の変化を楽しめます。

四季で絵柄を変えて使うという、
優雅な楽しみ方ができるのも、
和の器を使う心豊かな味わい方です。

           甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4009-9939271b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)