FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵替わりで季節を楽

節分の今日は日差しがでてきました。
気温が上がって雪が溶けるといいのですが、
日陰で固まった氷状態なので、
まだしばらくかかりそうです。

18_chujo_0124.jpg
中條正康 色絵絵替小皿 2,160円
径8.8cmH3cm


さて今日を中條正康さんの可愛い絵付けで、
冬から初夏までが楽しめる色絵絵替小皿をご紹介します。

18_chujo_0125.jpg

三寸で少し深さのあるコロンとした小皿です。
少しある立ち上がりの側面から見込みへと、
色絵で描かれたいるのは、
雪をかぶった松、水仙、梅、桜、カキツバタ、朝顔の6種類です。

18_chujo_0127.jpg

陶器なので磁器や炻器にくらべて柔らかめですが、
日常に使いやすいように縁も開かず少し肉厚な仕上がりです。
コロンとした形なのに重なり具合は優秀で、
収納性も高いデザインです。

18_chujo_0126.jpg

中條さんの絵付けは可愛いのですが、
無地で渋めの器の中でも浮くことなく、
引き立てあえる存在感をもっているので、
不思議なくらい硬派のヤキモノ好きにも、
ファンの多いのが理解できます。

四季のあるからこそ楽しめる、
和の器の絵付けも良いものです。
お薦めの小皿です。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://utuwaya.blog.fc2.com/tb.php/4016-cfbe6ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)